質問等ございましたら何でも info@ewaac.net にお願いいたします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン郊外のルートンのスタジオに、アーティスト活動のための滞在を二週間行いました。
日本では夏猛暑の8月初頭からの滞在でしたが英国では季節は既に秋の始まりらしく、気温も快適で避暑に来た感じでした。

スタジオでは木版画の「彫り」「摺り」「刃物研ぎ」の作業を行いました。
海外での木版画制作は初めての経験でしたが、大きな作業机と水場も各部屋備え付けの風呂場から確保でき、スペースとしても個室で広かったこと、近くの大型モールで生活用品が容易に調達できたことで、思いのほかすぐに制作を開始できました。

作品を展示したギャラリーはロンドン市内の清潔なギャラリーで、地下鉄の最寄り駅から徒歩5分でアクセスが良いです。
交流会の最中、作品を1点販売できました。
会話もはずみ、後日現地のアーティストの家に招待を受けました。彼の家の壁中に架けられた作品や夜遅くまでアートや互いの文化について語り合ったこと、膨大でユニークなコレクションや作家の人生観に触れられて、最高の経験になりました。

現地のスタッフには展示の搬入出、運営から、交流のための通訳、スピーチ文章の英訳やギャラリー見学の相談など大変良くしていただき、また、スタッフの一人に同フロアに常在してもらっていたことで、滞在生活の手続き等とてもスムーズでした。

今回のレジデンスに参加して、大変良い活動、良い交流が得られ、満足しています。
基本的に行動自由な滞在プログラムだったので制作の合間に近くを散策し英国の質の高い生活文化を感じたり、ロンドンの主要な美術館やギャラリーを観ることができました。
英国のアート市場の巨大さが垣間見られて、英国での作品発表とアーティスト活動に今後の大きな可能性を感じました。

 

他のレジデンツとも交流できる共有の広い台所。

私の作品を買ってくれた人。サンキュー!

日本から同じく参加した祥子さんと地元の

アーティストと交流。彼女の着物は人気。

英国がEUから離脱してポンドが36年ぶりとも言われる最低値を記録、離脱前は1ポンド165円だったのが現在130円台に下がっており、逆に円高から、今日本の方が応募されますと大幅に節約できるため、2017年の英国レジデンスの特別プロモーションとして往復航空券(東京か大阪からのみ)+2週間の英国の快適スタジオ宿泊費+1週間の国際交流展出展+ 出展作から3点のEWAACコンペに応募できる夢のパッケージを僅か850ポンド(約11万円+)で提供いたします。又、日程を柔軟にしたい方は航空券なしのパッケージで前後にエジンバラやパリ等に寄る自由に予定を組む方法も選択できます。すでにいくつかのスタジオは予約済みで定員になり次第締め切りますので興味ある方は早めご応募下さい。早く申請された方で国際アーティスト交流展に出展希望の作品のイメージの質や参加の動機、健康状態等からすぐ決定します。

 

EWAACが毎年夏に運営するこの英国アーティスト・イン・レジデンス

(2週間)と同時開催の国際アーティスト交流展に1週間出展できる夢のパッケージは大変人気があり、毎年日本からのアーティストの希望者が増大、日本以外の国からの応募も増えています。

 

このプログラムの特長は

 

1) 英国郊外のルートンにあるきれいな大学キャンパスのスタジオ(トイレ、シャワー、大きな勉強机、WiFi 完備の個室)に居住、5人のアーティストが1つのフラットで、皆EWAACアーティストなので英語が話せなくても安心です。大きな台所は共有でそこで自然に皆と友人になれ情報交換もできます。

 

2) 各自行動は自由で滞在中に1週間、ロンドンの素晴らしい画廊で開催の国際交流展に作品を持って行き、出展でき他の国籍のアーティストと交流できます。又、作品が売れるかもしれません。

 

3) 滞在中の行動は自由でロンドンの画廊周り、各地の風景をスケッチ、エジンバラ、コッツウオルズ、湖水地方、ストンヘンジ等に行くことも自由ですが外泊中もスタジオの宿泊費は払います。又、夜はロンドンのロイヤルバレイ、ミュージカルも楽しめ、スタジオの出入りは24時間自由、門限はありません。英国が初めての人にはホテルより最適。

 

4) 滞在期間は7月29日(土)にチェックイン、8月12日(土)又は13日(日)にチェックアウト。数日の前後到着、延期滞在も可能ですが延期の場合は追加料金が発生します。国際交流展はロンドンの中心地の画廊で8月8日-11日まで開催( 6.7日は展示準備)。

 

5)ルートンからロンドンまでは快速電車で25分、安価な直行バスも出ています。宿泊施設から徒歩5分の距離に大きなショピングモールがあり全ての必需品を調達でき便利です。

 

英国Artist in Residence 2016 のレポートは下の写真をクリック。


 

 

 

 

英国アーティスト・イン・

レジデンスに参加して

 

長谷川可奈 

 版画家