EWAACが毎年夏に運営する英国アーティスト・イン・レジデンス

(2週間)と同時開催の国際アーティスト交流展に1週間出展

できる夢の特別割引きパッケージです。

 

これは、EWAACのアーティスト10人( 日英欧から選考して2-3

フラットに2週間滞在させ、各自行動は自由で滞在中にロンド

の素晴らしい画廊で開催の国際交流展にも出展できます。

フラットでなく作品制作も可能な大きな全て完備のスタジオフラット

をご希望の場合は僅かな追加料でアップグレード申請できます。

 


1) 自分の希望に合わせて自由行動。小旅行、外泊も可。

今回は過去、滞在中に画廊、美術館めぐり、エジンバラ、コッツウオルズ、湖水地方、あるいはパリまでユーロスターで2泊3日等、いろいろ見て回ったり、外泊もした人が多いことから作品制作は滞在中の2週間では短いので作品は日本から持ってきていただき、同時開催の国際アーティスト交流展では搬入とオープニングパーティーには出席していただきますが、あとは行動は自由で地元のアーティストと交流したり、旅行、外泊も自由にできます。又、レジデンツには特別にロンドンの全ての画廊の地図と開催中のイベントの詳細がのった本を差し上げますのでそれを元にご自分で画廊めぐり、売込みが可能でグループ行動の時間規制はありません。もちろん、フラット仲間と一緒に行動も自由でフラットにはEWAACのアーティストだけが同居しますので相互に情報を交換できます。今までは部屋で作品制作できる広い高いスタジオを提供しましたが外泊すると2重払いになりますので次回からは宿泊施設は同じ大学のキャンパスですがフラットを借りてEWAACのアーティストだけ一緒に宿泊(ただし各室は独立してトイレ、シャワーも完備、台所だけ共有)できるようにしましたので家賃も安くなります。Wifi も各室に完備ですので滞在中にリサーチや家族、お友達との連絡は問題ありません。

 

尚、オプションで、作品制作に集中したい方、共同生活が苦手な方は、少し多く家賃を払うと前年まで使用していた大きなスタジオに宿泊も可能です。又、1週間延期滞在(計3週間)も可能です。このスタジオはフラットとは別に最上階にありますので窓も大きく、景色も良いです。又、台所も共同でなくスタジオ内に完備しています。この下のページで紹介、又、体験記を書いていただいた方の関連写真は前回まで提供していたこの大きなスタジオのもので、2016年の夏からはオプションでどちらかを選択できます。


2) 国際交流展に出展の作品について。

参加するレジデンツは皆、中小サイズ作品を2-4点ほど、あるいは、大きな作品は1m 60 cm 幅くらいまで出展できます。但し、大きな作品はキャンバスの場合は日本ではがして丸めて筒に入れてもってきて、英国で木枠に貼りなおすということが可能です。木枠は標準サイズであれば英国で結構安価に購入できます。又、前もってサイズを教えていただければこちらでそのサイズで木枠を作成も可能です。写真、デジタル作品の場合は高質なイメージを先に送っていただければ、こちらでプロに頼んでどの大きなサイズに印刷も可能で、額も用意できますので英国に来てから自分で額装すれば日本から額付きで郵送したり、持って来る必要がありません。今までは大きな作品は運送や、持参するにはサイズ的に限界があり、運送賃も高くなってしまいますので海外での展示は困難でしたが、これらの方法ですと幅1.6m くらいまで大丈夫です。もちろん高さ1.2m x 幅1.6m のスロットに収まれば大小複数の作品の展示が可能です。

写真で見るように結構大きな画廊ですので、彫刻、陶芸作品も展示でき、今年の夏に開催した交流展も日英欧のアーティスト21人が出展、日本からのレジデンツを歓迎するのと同時に交流も盛んで作品も売れたり、地元のアーティストが自分の家に招待して1泊させたり大盛況でした。英国で展示の機会は高い料金をかけて個展をする以外滅多にないので当レジデンツはその夢を安価に実現できます。


3) レジデンシー宿泊期間は7月30 (土)から8月13朝発(土)までの2週間。

但し、申請してから1月末までにお知らせいただければ多少の前後の日程変更は可能です。例えば1日前に到着、1週間延長とか早めにお知らせいただければまだ変更はできます、但し国際交流展の日程は8月6日から12日まで決まっていてで変更できません。


4) この特別オファーは全て込みのパッケージでお得

含まれるのは、2週間のフラット宿泊料金+1週間のロンドンの画廊での展覧料金等のパッケージですがそれに加え持ってきた作品をEWAAC 2016のコンペ応募作品としてお預かりして審査員に追加として査定してもらい、もし通過すれば10月のファイナリスト展までお預かりして展示しますので再郵送の運送料を省けます。


5) 特別オファー料金について。

特別割引のパッケージ料金で、限られた数のアーティストにしかスペースを提供できませんので、もしご興味ある場合は至急ご検討、申請して下さい。料金詳細と申請書をお送りします。過去に参加した人の体験記〔下)も参考にして下さい。

 

質問等ございましたら何でも info@ewaac.net にお願いいたします。


 

 

 

 

Artist in residence in UK in 2016

 

 

 

 

 

 

ロンドン郊外のルートンのスタジオに、アーティスト活動のための滞在を二週間行いました。
日本では夏猛暑の8月初頭からの滞在でしたが英国では季節は既に秋の始まりらしく、気温も快適で避暑に来た感じでした。

スタジオでは木版画の「彫り」「摺り」「刃物研ぎ」の作業を行いました。
海外での木版画制作は初めての経験でしたが、作業机としてデスクが2つ、水場も各部屋備え付けのキッチン・風呂場から確保でき、スペースとしても個室で広かったこと、近くの大型モールで生活用品が容易に調達できたことで、思いのほかすぐに制作を開始できました。

作品を展示したギャラリーはロンドン市内の清潔なギャラリーで、地下鉄の最寄り駅から徒歩5分でアクセスが良いです。
交流会の最中、作品を1点販売できました。
会話もはずみ、後日現地のアーティストの家に招待を受けました。彼の家の壁中に架けられた作品や夜遅くまでアートや互いの文化について語り合ったこと、膨大でユニークなコレクションや作家の人生観に触れられて、最高の経験になりました。

現地のスタッフには展示の搬入出、運営から、交流のための通訳、スピーチ文章の英訳やギャラリー見学の相談など大変良くしていただき、また、スタッフの一人に同フロアに常在してもらっていたことで、滞在生活の手続き等とてもスムーズでした。

今回のレジデンスに参加して、大変良い活動、良い交流が得られ、満足しています。
基本的に行動自由な滞在プログラムだったので制作の合間に近くを散策し英国の質の高い生活文化を感じたり、ロンドンの主要な美術館やギャラリーを観ることができました。
英国のアート市場の巨大さが垣間見られて、英国での作品発表とアーティスト活動に今後の大きな可能性を感じました。

 

長谷川可奈 

 版画家

作品制作もできる広く快適なスタジオ。

私の作品を買ってくれた人。サンキュー!

日本から同じく参加した祥子さんと地元の

アーティストと交流。彼女の着物は人気。

英国アーティスト・イン・

レジデンスに参加して

 

通常1フラットに5室あり、各部屋は独立して鍵も

かかり、トイレ、シャワーも完備。大きな勉強机に

WiFi も使用可。大きな台所、電子レンジ、冷蔵庫は

共同で使用。他の同居者は皆EWAACのアーティスト。

スタジオ内は広く台所、トイレ、シャワー全て完備。

最上階にあるので景色も良い。食卓テーブルも有り。

 

作品制作にも十分な広さ。大きな勉強机とWiFiも完備。

 

安価なので外泊の多い人は経済的。同居の他のアーティストたちと交流希望の人は最適。各室鍵がかかり保安も良し。

 

2016年の宿泊料金はフラット滞在です。

スタジオ希望の場合は追加料金が必要です。

 

宿泊施設は全て新築後間も無くきれい。24時間セキュリティーがいて何時でも出入りが自由です。

コインラウンドリーも施設内にあり洗濯も便利。大きなショッピングモールも徒歩5分の距離。

 

Sorry!  全て満席になりました。

 

スタジオは残念ながら

使用できなくなりました。